期間の保証システム

脱毛をするためには毛周期に合わせて数か月に一度、複数回通う必要があり、脱毛を完了するまでには1年から2年の期間が必要になります。
多くのサロンでは2年契約としているのはそのためです。
しかし脱毛の契約中に妊娠してしまうと脱毛を中止する必要があります。
妊娠中は肌が敏感になるため痛みが強くなったり、メラニン色素が増えるため肌トラブルを起こす可能性も高くなり脱毛中に気分が悪くなることも増えるため妊娠すると脱毛を行わないというサロンがほとんどです。
またホルモン分泌が通常の状態とは異なるため、毛の量が増えることもあり脱毛の効果も少なくなるのでせっかくの施術が無駄になってしまいます。
脱毛には時間がかかるため数年以内に妊娠を希望していたり、妊娠する可能性がある場合には契約期間が無制限や途中で休止のできる保障があるサロンを選ぶ必要があります。
出産した直後も育児で忙しく脱毛に通う余裕はないと考えられるため契約期間が1、2年では通いきれない場合が多くなります。
契約回数を消化する期限が限られていないサロンや保障システムのあるサロンであれば、出産後落ち着いてからゆっくり脱毛を再開することができるため無駄になることがありません。

Comments are closed.